水産養殖


魚の養殖用水再循環システムにおける最近の成果は、再循環水耕栽培用のそれとよく似ています。 新しい技術では、種によっては年間の屋内生産のレベルが平方メートルあたり200kgまで可能にし ています。伝統的な自然での漁業の劇的な生産高減少を打開することに役立っています。

再循環水産養殖

魚の養殖に適用される水再循環の開発は、 世界の広範囲の地域で数種類の魚を育てることを 可能にしました。主な利点の一つは、生産レベルを増 加すると同時に水を節約する事です。従って、世界に食 物を供給すると同時に水資源を保護する事にも役立っています。





システムの原則

第一に、機械的ろ過装置が魚の排泄する土粒子を除去 するために使用される。

第二に、紫外線ろ過装置が再循環水を殺菌する

そして、生物ろ過装置がアンモニアと硝酸レベルを 管理する。

最後に、酸素は、2%の新しい水の追加と供に再循環水 の中に送りこまれる。




水産養殖プール
再循環水産養殖 / 魚の種類


魚の養殖に適用される水再循環技術の利点:

- 各々の種の要求に沿って最大限の成長を促すための温度、
酸素、塩分、ペーハーを制御する能力
- 魚の病気に対する予防
- 水利用の98%削減
- 環境への廃棄物の徹底管理




1ー 重力が再循環処理の開始に使用される。
2ー 渦が流入水から泥を取り除く。
3ー ドラム・フィルターがサスペンション内の粒子を取り除く。
4ー 紫外線フィルターがバクテリアやウイルスを殺す。
5ー 水面下の生物ろ過器がアンモニアと硝酸を取り除く。
6ー 酸素と淡水が追加される。
7ー ポンプが処理水を水槽に戻す。