温室水耕栽培

水耕栽培とは土壌を使わず作物を栽培することです。60年代頃からイギリスやイスラエルを主に開発されたきたもので、今では、様々なシステムが併用 されています。

開発当初は単に土壌に代わって、砂、ピートモス、ロックウールなどを使用す るだけの非常に簡単なものでした。 どうしてそんなことが出きるのでしょうか。 答えは簡単です。作物は土が要るのではなく、土の中のミネラルが必要なの です。水耕栽培は作物が必要としているミネラルを水から直接に取れるよう にしたものです。

最新の水耕栽培システムは発育媒体としてより多くの水が使われています。 たとえばピートモスの廃棄物やロックウールに絡む繊維などのような生産 性の低下につながるものを避けることができるからです。 最新の水耕栽培システムは水の再利用、媒体の廃棄物ゼロ、環境にやさし い肥料などを取り入れています。 ハイドロノヴ社の深耕栽培システムはこの理想のシステムといえます。

されたレタスの生産量は年間1平方メートル当たり108個であるのに対し、この技 術を使ったものは500個を収穫します。しかも、これはレタス栽培の理想的自然条 件からはほど遠い寒冷地東部カナダにおけるものです。







路地栽培
年3回の収穫

温室土壌栽培
5年5回の収穫

温室水耕栽培
年18回の収穫